世界食料デー 横浜大会について

「世界食料デー」とは

 

「世界食料デー」とは、世界の食料問題を考える日として国連が制定した日です。1979年の第20回 国連食糧農業機関(FAO)総会の議決に基づき、1981年から10月16日が「世界食料デー」に制定されました。世界の一人ひとりが協力し合い、最も重要な基本的人権である「すべての人に食料を」を現実のものにし、世界に広がる栄養不足、飢餓、極度の貧困を解決することを目的としています。この日をきっかけにして、自分の生活を見つめなおし、世界の人々と「共に生きる」生き方を実践しようとする人々が増やされていくことが「世界食料デー」の願いです。

 

「ハンガーゼロ 世界食料デー 横浜大会」について

 

一般財団法人 日本国際飢餓対策機構(以下、JIFH)は、世界の飢餓や貧困を解決することを願って、ボランティアを派遣しながら活動を展開している非営利の民間援助協力団体(NGO)です。JIFHは、FAO並びにWFP(国連世界食糧計画)との協力関係の中で後援を受けて、1983年以来、日本各地で、その地域の団体と協働して「世界食料デー」の大会を開催してきました。「ハンガーゼロ」は、その活動をより分かりやすくするためのJIFHの別称です。

 

世界食料デーの大会は、世界の食料問題に関する地域の方々への啓蒙活動と募金活動を目的としています。2019年には全国28か所の会場で大会が開催され、寄付された募金は、コンゴ民主共和国、フィリピン、インドネシア、ケニヤでの共同農園・家畜飼育支援、地域リーダー育成、子供教育支援等のための活動に使用されました。

(大会総来場者数:延べ約3,900名、募金総額:13,065,269円)

 

神奈川県では、寒川において世界食料デー湘南大会が開催されていましたが、2018年より一般財団法人オアシスがJIFHと共催で横浜市栄区において横浜大会を開催しています。

2019年は、10月22日(火・祝)に、横浜市栄区の地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)で、JIFHボリビア駐在スタッフ 小西小百合氏による特別講演を開催。また、食料問題に関する展示や体験コーナーも設置し、約300名の方が来場されました。

(横浜大会募金総額:239,489円)

 

2020年は新型コロナウィルス感染防止のため、集会(イベント)は行わないことにいたしました。

専用Webサイト「世界食料デー 横浜大会」から、世界の食料問題や、横浜近辺での取り組みについて情報を発信し、募金を募っていきます。ぜひご協力をお願いします!

実行委員会メンバー

HungerZero

​世界食料デー横浜大会

  • Facebook Clean Grey
世界食料デー横浜大会実行委員会

 

​Telephone : ​045-894-3500

Email : info@oasis-smile.jp

​一般財団法人オアシス

© 2020 一般財団法人オアシス All Right Reserved